新チェルラーパーフェクトクレンジングジェル、卵殻膜成分2倍!口コミレビュー

公開日:  最終更新日:2016/11/02

チェルラー・パーフェクトクレンジングジェルが新しくなりました♪
チェルラーパーフェクトクレンジング (4)1
▲旧バージョンのチェルラー クレンジングジェルよりパッケージがピンクですね。かわいいとおもいます♪ピンクは女性ホルモンの色でもありますし。

チェルラー・パーフェクトクレンジングジェルは、これ1本で洗顔&メイク落としがOK。さらに角質ケアと毛穴の黒ずみオフという4つの役割があるんですよ。毛穴パック代わりになりますね。以前の旧アイテム「チェルラー・クレンジングジェル」よりも卵殻膜が増量でかなりのパワーアップ!!。それ以外の使用感はかわりないです。

そんな毛穴の黒ずみオフがうれしい洗顔兼用メイク落とし、新チェルラー・パーフェクトクレンジングジェルをアルマード社さんからいただいたのでレビューします★

チェルラーパーフェクトクレンジングジェル

使ってみた チェルラーパーフェクトクレンジング (2)1

チェルラーパーフェクトクレンジングジェルの主成分はなんとお水! でもただのお水ではありません。三室ダブルイン型電解水(特許取得)というめちゃめちゃすごいウォーターなんです。
三室ダブルイン型電解水を簡単に説明しますと、
●水なのに殺菌力がある
●汚れをとる力がある

三室ダブルイン型電解水そのものに・保湿力・殺菌力・洗浄力・くさらない・還元力があるので、チェルラーパーフェクトクレンジングジェルには防腐剤・アルコール・鉱物油をつかわなくてもメイクがちゃーんと落ちるという驚きのシステムΣ(゚д゚;)

油性マジックのよごれですらおちちゃうんだからほんとうにおどろいちゃいます。油性マジックをクレンジングでおとす様子を前記事にもかいているのでよければよんでくださいね^^

QVC オーディ クレンジングジェルとの比較

QVCテレビショッピングで人気のQVCオーディクレンジングジェル。実はこのQVC用につくっているオーディクレンジングジェルと成分、使用感がほぼおなじなんです。QVCオーディクレンジングジェルのほうは、テレビ通販で紹介されたとたん、午前中で完売してしまったほどの人気クレンジング。
手に出してみた、チェルラーパーフェクトクレンジングジェル

上質のオイルはお肌に浸透していきます。QVCのオーディクレンジングジェルに入っているエッセンシャルオイルとほぼ、同じもの&同品質の原材料がはいっています。
チェルラー・パーフェクトクレンジング ジェルは、このQVCオーディクレンジングジェルをベースとして、さらに美容成分をプラスした、最新型のクレンジングコスメ。さらにお値段もQVC通販でかうよりも、アルマード公式サイトでかったほうがお安いんです。

成分表

[全成分]
水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、DP水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、DPG、PPG-14ジグリセリル、ペンチレングリコール、グリチルリチン酸2K、加水分解卵殻膜、ビターオレンジ果実エキス、グリセリン、アロエベラ液汁、ポリクオタニウム-51、リンゴ果実培養細胞エキス、BG、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ花油、ユズ果皮油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、ローマカミツレ花油、パルマローザ油、オニサルビア油、マヨラナ葉油、エンピツビャクシン油、ベタイン、レシチン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ヒオウギエキス、トルマリン、ノバラ油、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K
チェルラーパーフェクトクレンジング (6)1
●防腐剤・アルコール・鉱物油・着色料無添加

チェルラーパーフェクトクレンジングジェルまとめ

●1本で4つの機能(メイク落とし・洗顔・角質ケア・毛穴の黒ずみオフ)
●特別な水をつかっているので防腐剤・アルコール無添加
●卵殻膜成分増量!(2倍?)
●お風呂でつかえる
●肌にやさしい。敏感肌さんにもおすすめ
●9種類のエッセンシャルオイルや美容成分いっぱい配合

>>チェルラー パーフェクト クレンジングジェル 公式サイト<<

+ + +
QVCオーディクレンジングジェルと原材料がほぼおなじで、お財布にもうれしくて、はいっている卵殻膜成分がも~っとふえた、チェルラー・パーフェクトクレンジングジェルおすすめでーす(≧▽≦)

アルマードキャンペーン♪

>>月替わりキャンペーン会場はこちら

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑