40代マイナス5歳肌!トマト丸ごとお味噌汁はエイジングケア美食

公開日:  最終更新日:2018/06/04

“お肌を若返り!今晩すぐつくれる健康味噌汁「丸ごとトマトをいれてマイナス5歳肌」”特集を、2015年3月28日お昼放送・バイキングテレビでやっていました。
バイキング・-5歳肌トマト丸ごとお味噌汁

マイナス5歳肌になる!といわれたらチェックしないわけにはいきませんよね(*^_^*) さっそくメモっておいたのでみなさんにもシェアしちゃいまーす♪

トマト丸ごと美肌お味噌汁レシピと作り方

≪お肌が若返り♪材料レシピ≫
・トマト(リコピン)・オクラ(食物繊維)・かつお節ORだしの素(必須アミノ酸)・白みそ(大豆イソフラボン)・レモン(ビタミンC)

≪つくり方≫
(1)鍋にかつお節でダシをとって煮立てます。(簡単にだしのもとでもOK)

(2)トマトは栄養素がでやすいように(お尻のほうに)十字にきりこみをいれ、そのまま丸ごと鍋にいれて皮ごとゆでる。トマトにはリコピンがおおく、抗酸化力がとっても強い。トマトの抗酸化力はビタミンEの約100倍といわれている。だからお肌にはいいと思います。

トマトは加熱することでリコピンの吸収力が約3倍にも。お味噌汁にいれると効率よく吸収可能。

(3)オクラを輪切りにして鍋にくわえます。
さらに美肌効果をあげてくれるのがオクラなんです! オクラは食物繊維が豊富。だから腸内環境をととのえて、体・肌も若返らせます。 

(4)塩分がすくない白みそをたっぷりくわえる
美肌には大豆イソフラボンをふくむ味噌。塩分がきになるところですが、赤みそにくらべると白みそのほうが塩分が約半分と少ない。

<赤みそ=塩分約10% 熟成期間:半年~数年 / 白みそ=塩分約5% 熟成期間:数カ月~半年まで>
赤みそは寝かせる年数がながいので塩分が多め(腐らないように)。白みそは寝かせる期間がみじかいので塩分が少なめになっている。

(5)最後にレモンの輪切りをトッピング。レモンのビタミンCは加熱するとこわれてしまう。だから食べる直前にお味噌汁のお椀に直接トッピングするのがいい。
●レモン→メラミン色素を抑制=シミ予防と改善に。

マイナス5歳肌おみそ汁完成(≧▽≦)♪

タレント飲んでみた感想・バイキング

タレント・イッコーさん…わたしもトマトはチゲ鍋にいれています。コラーゲンの助けになるから。レモンははじめてですね。

栄養士・足立香代子先生…レモンは食べても残してもいい。かじるとすっぱいかもしれません。トマトは二日酔い対策にもなりますよ

トマトのリコピンがつまったお味噌汁で健康美肌をめざしてくださいね。「お味噌汁にがて~」というかたはトマトのリコピンがぎゅっとつまったトマトジュースもありじゃないかな。
>>おすすめ美容ドリンクはこちら

さあ、美人肌になりましょ☆(ゝω・)v

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑