「ビーグレン レチノA」レチノール・ビタミンA配合美容液

公開日:  最終更新日:2017/10/03

ビーグレン レチノAは2015年10月に新発売された“進化系ビタミンA美容液”
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (2)

名前のとおり、レチノール=ビタミンA配合の美容液です。

ビーグレンの公式サイトより
“ビーグレンレチノAは、刻まれたラインに対して、2種類のビタミンA類成分が肌の内側からじっくり働きかけます”
“なめらかでハリのある肌を取り戻したい方へ”
“しわ・ハリ”
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (8)

>>ビーグレン レチノA美容液 トライアルセット公式
初回限定レチノA美容液のトライアルセット公式

ビーグレン レチノAつかってみた口コミレビュー

このビーグレンQuSomeレチノA(キューソームレチノA)美容液発表会でさっそくお試ししてきました。管理人・蓮花*がつかってみた感想レビューです。

▼ピンポイントでつけやすいようにノズルはかなり細め
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (5)

レチノAクリームはほんのり黄色。というのも配合されているビタミンA(レチノール)が黄色いからなんです。素材の色なんですよね。だから黄色い色がつよいほどビタミンAが高濃度…ということがいえるのかな?~と。
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (16)

▼手にだしてみました。わりとしっかりめの濃いクリーム。液体ではないです。
手にだしてみた QuSomeレチノA  (12)

なじませま~す。
▼固めの美容クリームのせいかあんまりべたつきませんね。
使ってみた口コミ レチノA ビーグレン美容液 (13)

レチノールは刺激の強い成分です。乾燥肌・敏感肌の女性は少量でようすをみながらつかったほうがベター。もしお肌にあわない場合、本商品なら365日間返品OKで安心♪ トライアルセットも返品対象(ただし一部条件あり)

ビーグレン レチノAのココがすごい!

レチノAは進化系ビタミンA美容液。
年齢サインにピンポイントな2種類のビタミンA配合です。
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (4)

(1)レチノールプラス
カプセル化されたピュアなレチノール。
肌をスピーディにやわらかくしてときほぐします。

(2)レチノイン酸トコフェリル
ビタミンA&Eのハイブリッド成分。
レチノイン酸にビタミンEをプラス。刺激のつよいレチノール系の刺激をおさえます。お肌のおくにやさしくじっくりと働きかけてハリのもとをつくりだします。

(3)トリフルオロアセチルトリペプチド-2
肌のハリや弾力をキープする最新型ペプチド

(4)スクワラン
肌になじむ保湿剤。肌にうるおいをあたえてやわらかくします。

(5)オーガニックシアバター
古くからアフリカで使用されてきた植物性油脂。肌にぴったりとラッピングしバリア機能をたかめてくれます。
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (9)

レチノール成分(ビタミンA)について

レチノール成分のメリット
●肌のターンオーバーをうながす
●ハリと関係のある線維芽細胞に働きかけ、新しいコラーゲンやエラスチン線維をつくりやすくする
●皮脂の分泌をおさえる などなど。

デメリット
●刺激がつよい
●高濃度配合だと肌荒れしてしまうことがある

ビーグレン レチノA美容液はパール1粒大が適量。「いっぱいつけたら早くシワがなくなるかも!」とあせって、つけすぎてしまうのはよくないってこと。気をつけたいところです^^;

QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (15)

ビーグレン レチノA美容液使い方

●肌にべったりつけるのではなく、きになる部分にピンポイントでぬるのがいいようです。
●朝と夜の両方につかえます。もしビーグレン リフト美容液と同時期につかいたい場合は「夜=レチノA美容液、朝=リフト美容液」とつかいわけるのがおすすめ。
●日中は日焼け止めが必須。レチノールは日に当たるとよくないです。
使い方 ビーグレンレチノA

ビーグレン レチノA 全成分表示

QuSomeレチノA :
水, スクワラン, グリセリン, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, ゴヨウマツ種子油, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, セテアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ペンチレングリコール, ジメチコン, トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル, バチルアルコール, レチノール, レチノイン酸トコフェリル, トコフェロール, トリフルオロアセチルトリペプチド−2, グルコシルルチン, アルギニン, ジラウロイルグルタミン酸リシンNa, シア脂, ノバラ油, ヤシ油, コレステロール, セレブロシド, ジグリセリン, シロキクラゲ多糖体, マカデミアナッツ油ポリグリセリル−6エステルズベヘネート, キサンタンガム, BG, パルミチン酸セチル, ステアリン酸バチル, ステアリン酸ステアリル, ステアリン酸グリセリル, ステアリン酸PEG-45, トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル, ステアレス-20, コレス−24, エチルヘキシルグリセリン, カルボマー, カプリル酸グリセリル, EDTA-2Na, ソルビン酸K
(成分は2016年11月に変更あり)
+ + +

新発売のビーグレン レチノール(ビタミンA)配合美容液。
きになった方はこちらからどうぞ~♪

お手軽トライアルセット1800円(税抜)でお試しできちゃいます!
>>初回限定★レチノA美容液のトライアルセット公式<<
▼初回限定★レチノA美容液のトライアルセット公式


深いシワを跳ね返す!

深いシワを跳ね返す!
▼“しわに対しての改善効果があった” レチノA本商品(15g)は画像をクリック


レチノA本商品

「QuSomeレチノA」メディア掲載情報

『美的』2016年6月号に掲載

“たった10日間でかがやく美肌がわたしのもの♪” “簡単3アクションで、毛穴よ、サラバ!アクション3の2本目「肌奥を育てる美容液&クリーム」”特集ないで、“肌代謝UPの美容液>>肌代謝を促すビタミンAを国際特許技術で肌深くにデリバリー。”として紹介。実際に1女性が0日間トライした効果も掲載されています!

『診療と新薬』第10号にQuSomeレチノAが掲載

『診療と新薬』第10号“医薬論文・医療情報投稿誌『診療と新薬』第10号に「レチノールとレチノイン酸配合美容液のしわ改善効果」の題名で「QuSomeレチノAを試験品として、レチノールとレチノイン酸トコフェロリル配合美容液のしわに対する効果を調査する臨床試験」についての学術論文が掲載されました。

臨床試験のまとめとして、QuSomeレチノAはしわに対しての改善効果に加え、くすみ、明るさ、ハリ、化粧のりに対しても有効性が認められたと示されています。”


さあ、美人肌になりましょ☆(ゝω・)v

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑