DHC潤米 ローション(うるまいURUMAIローション)の口コミ

公開日:  最終更新日:2017/08/08

DHC潤米 うるまい ローションは米由来を含む天然由来成分100%化粧水です。
DHCうるまいローション 口コミ

今回DHCさんからモニターさせていただきましたよ。

DHC潤米 うるまい ローション 口コミ

公式サイトをチェックするとDHCうるまいローションの販売名は「DHCナチュラル モイスチュア ローション」となっていました。なぜ名前が2つもあるのかナゾですね(^^;)

▼パッケージ箱は密封されているので一度でもあけるとすぐにわかります。ちょっとしたことですが安心ですよ~
箱は密封されているので衛生的

使ってみた感想

DHC・うるまいローションに強い香料ははいってませんね。成分表をみると「ダマスクバラ花水」が配合されているのですが、バラの匂いは分かりませんでした。
とろみもなし。手にだしてみて水みたいにバシャバシャします。でも水よりはのびがよいのでつけやすいです。
▼手にとってみました
付け心地 DHC潤米ローション (10)

付けた直後は保湿効果のためか、お肌がねっちょりする感じになります(つきたてのお餅みたいな、ねっちょり感・笑)
が、30秒くらいたつとサーラサラな肌ざわりになってきます。お肌に吸収されてるのかしら。なかなかオドロキです。

▼手にささっとつけたあと
つけた直後はねっちゃり

▼30秒後にはこんなにサラサラ♪
DHC潤米ローション (12)

私はどろっとした化粧水は好みじゃないのでちょうどよくつけやすい♪
バシャバシャつかえるのでコットン派にもおすすめですよ。

ライスペプチド★お米のうるおい保湿パワー

DHC潤米ローションの特徴はなんといってもDHC独自成分「ライスペプチド」。

昔から米ぬかエキスをつかった化粧品などありましたが、ここ2年ほど、大手メーカーによる米エキスや米発酵エキスをつかった化粧品はふえていると感じます。それだけ成分の研究がすすんで“お米ってやっぱりいいじゃんd(・ω・´*) グッ!!” という流れになっていますね。

使い方

コットンまたは手のひらに適量(500円玉大)をとり、顔全体にやさしくパッティングします。個人的にはすぐ浸透してふっくらさらっとしますから手の甲や爪まわりにもどんどん使いたいですね★
使い方 DHC潤米ローション (8)

成分表

水、プロパンジオール、BG、グリセリン、ジグリセリン、加水分解コメタンパク、コメエキス、サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス、パントエア/コメヌカ発酵エキス液、グリセリルグルコシド、トコトリエノール、トコフェロール、コメヌカ油、コメ発酵液、エクトイン、シロキクラゲ多糖体、タマリンドガム、ダマスクバラ花水、カプロイルプロリンNa、オレイン酸ポリグリセリル-10、クエン酸、クエン酸Na
成分表

まとめ:DHC潤米 ローション

お米パワーをつかった化粧品としてはお手頃価格ですよ♪
DHC潤米ローション 口コミ

●お米の化粧品に興味アリ
●年齢もあがってきたので天然由来成分しかつかいたくない
●ライスパワー化粧品がほしいけど、他社はお高くて続けられなかった;;

という女性がいたらこちらをお試ししてみてくださいね。

+ + +
きになった方はこちらから~(^v^)ノ
>>DHC潤米(URUMAI)ローション公式

DHCアウトレットセール中

▼DHCセール会場はこちら

さあ、美人肌になりましょ☆(ゝω・)v

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑