ファイテン化粧品「アクアゴールド AQUAGOLD」セミナーで顔がリフトアップ!?

公開日:  最終更新日:2018/06/02

ファイテン化粧品「AQUAGOLD アクアゴールド」勉強会セミナーに参加してきました。
ファイテン (14)

ファイテンが化粧品をだしていることを知らない方もおおいのでは? というのも私がファイテン=磁気健康ネックレスしかイメージできなかったからなのですが(笑) 今回参加するまで化粧品「アクアゴールド・ブランド」を販売しているとはぜんぜんしらず^^; でも!このファイテンのアクアゴールド・BBクリームの説明をきけばきくほど「これって本当に化粧品でできることなの」とめちゃめちゃおどろきました。肩コリのひどい女性には特に、しっていて損のないBBクリームですよ。
ファイテン (27)
>>ファイテンBBクリーム使用感想

※以下はファイテンについておさらいです。すでに「ファイティン化粧品かったことあるよー」という方はスルーでOK^^

ファイテンとは?

健康ネックレス「RAKUWAネック」をはじめ、スポーツや健康にかかわるあらゆる商品を開発・販売している会社。いちばんまじかなところでは、ファイテンの時期ネックレスを金メダリストの羽生結弦選手がつけているCMが話題となっていました。

ファイテンの水溶化メタル技術

水溶化メタル技術とは、金属をナノレベルで水の中に分散させる技術のこと。いろいろな金属の特性を最大限に活用することで、私たちが本来もっているチカラを引き出して、からだ本来のリラックス状態にすることが可能に。今回のファイテンコスメ「AQUAGOLD」もこの水溶化メタル技術を応用した化粧品になります。
ファイテン (16)化粧水

ファイテン・アクアゴールド開発の歴史

・2002年 化粧品プロジェクトチーム結成。なんどもモニタリングを繰り返す
・2004年 アクアゴールドをベースとした商品を開発
・2005年~ 全国のファイテンショップにて発売スタート。女性を中心としたリピーター増加中。
アクアゴールドのラインナップとしては、基礎化粧品、美容液、原液、スリミングジェルなど。

ファイテン・アクアゴールドが一番大事にしているものは“水”

化粧品にとって最も大切なもの、それは“水”! というのも化粧品の約50~80%をしめるのはお水(=精製水)だからです。ファイテンは精製水のかわりに「アクアゴールド」とよばれるオリジナルのお水を使用。

≪アクアゴールド水とは?≫
金をナノ化して水にとかした素材水。アクアゴールドはリラックス感をもたらしてくれます。アクアゴールドは赤色です。その理由は金をこまかくすると赤色になるからなんですって(同じ理由で古い教会にあるステンドグラスも赤色ベース)。
▼こちらがアクアゴールド水
ファイテン (18)化粧水

アクアゴールドを体験

顔をさわらなくても、アクアゴールドを首のリンパにそってシュッとふきつけるだけ。アクアゴールドはひとの体にながれる生体電気をほぐします。磁気ネックレスの研究をしてきたファイテンならではですよね~。

▼ファイテン社員さんが実際にアクアゴールド水をつけて実験
ファイテン・アクアゴールド 使用前 使用後

(注:肌色が白いのはライトの具合で関係ありません)

≪注意≫化粧品は薬ではないので「ぬるとリフトアップする」などと書いては薬事法的にNGです。でもマッサージをすると物理的にリンパの流れがよくなるのでフェイスラインがすっきりみえるということはありますよ。

今回のアクアゴールドも結局はリンパのながれをよくすることで、シュッとするという理論でした。
ファイテンの磁気ネックレスが好き・キライに個人差があるように、このアクアゴールド水も実感がでる人とでない人、両方いるとおもいます。

(PR)

ファイテン化粧品「アクアゴールド」ブランドまとめ

ファイテン化粧品「AQUAGOLD」は、人の体がほんらいもつ自然治癒力に注目し、独自の研究でアクアゴールド水を使用したコスメブランド。“アクアゴールド”という名前は素材そのものであり、ファイテン化粧品ブランドコンセプトでもあります。

純金を溶かしたアクアゴールド水をつかったコスメ。ご興味のあるかたはこちらからどうぞ~^^
>>ファイテン【アクアゴールド化粧品】公式

リフトアッツプするアクアゴールド化粧水

リフトアッツプするアクアゴールド化粧水

ファイテン勉強会で私が実物をチェック&お試ししてきたアクアゴールドBBクリームもどうぞ(^v^)ノ 
ファイン・アクアゴールド
>>楽天最安値をみる♪ファイテンBBクリーム
リフトアップ・アクアゴールドBBクリーム公式

さあ、美人肌になりましょ☆(ゝω・)v

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑