ナールスゲンはヒートショックプロテイン・HSP47を増やす!TVで紹介

公開日:  最終更新日:2018/09/24

お肌と細胞のエイジングケアにかかせない成分、HSP(ヒートショックプロテイン)が2014年7月28日付け「たけしのTVタックル」で特集されていましたよ!
花 蓮 ハス (3)

ヒートショックプロテインとは?

・HSP=ヒートショックプロテイン(Heat Shock Protein)は熱ショックタンパク質)の略称。

・HSPは人のなかにあるタンパク質。いろいろなストレスから細胞をまもってくれる働きがあります。

・例えば紫外線によって傷ついた細胞を助けたりも。

ヒートショックプロテイン入浴法「世界一受けたい授業」

もっと前の2011年にも「世界一受けたい授業」でもHSP(ヒートショックプロテイン)について取り上げられていました。

“傷ついたタンパク質を修理する、ヒートショックプロテインを簡単に増やす方法” として特別な入浴方法を紹介★
(1)42度のお湯に途中でやすんでもいいので合計10分入浴。もしくは41度で15分、40度で20分でもOK。

(2)入浴後は布団・サウナスーツなどで15~20分保温すると効果的!

≪注意点≫
・ヒートショックプロテイン入浴法は週に2日がベスト。4~5週間つづけているとカラダが慣れてしまってヒートショックプロテインがさがってしまいます。

・高齢者は半身よくのほうが心臓に負担がかからなくていいですよ。

ナールスゲンがヒートショックプロテイン47を増やす!

・お肌のコラーゲンと深く関係してくるのが「ヒートショックプロテイン47=HSP47」
・HSP47は、コラーゲンと結びついて、正しい形に導く役割があります。
・ナールスゲンは、コラーゲンを2~3倍にするのをサポートするとともに、このHSP47を1.3倍に増やす働きが。
・さらに、弾性線維エラスチンを1.5倍程度に増やしてくれる。
・ナールスゲン成分はお肌のハリや弾力をサポートする、エイジングケア成分として有用です。

ナールスゲン成分は日経新聞にも「アンチエイジング効果あり」「コラーゲン生成うながすナールスゲン」と記事にされているほどで、エビデンス(証拠・根拠)もばっちり!
●日経新聞 ナールスゲン 「アンチエイジング効果」「コラーゲン生成うながす」発表

+ + +
さあ、美人肌になりましょ☆(ゝω・)v

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑