皮膚科医・吉木伸子『美人に化粧水はいらない』

公開日:  最終更新日:2017/07/06

皮膚科医・吉木伸子『美人に化粧水はいらない』とうい本を読んだのでご紹介♪ インパクトのあるタイトルよね。化粧水はいらない~なんてΣ(゚д゚;)

ビューティアクアミスト化粧水 (12)
●PR:シミがきえる?トリア・スキンエイジングケアレーザー美顔器の感想

私もそうだし、ほとんどの女性は「お風呂上がりにとにかくすぐ化粧水をつける」「美容クリームはぬってないけど化粧水だけはかかせないし!」って思ってるとおもう。でも、皮膚科医の吉木伸子先生がかかれたこの本によると「化粧水はほとんどいみがない。コラーゲンや保湿成分配合になっていてもほとんど蒸発してしまうから」とかいていてびっくり。あとで自分でも見返せるようにメモ。

つけて意味のある化粧水とは?
この本のなかでおすすめされているのは、「ビタミンC誘導体」という成分が配合されている化粧水になります。
「コラーゲンを増やすために有効なのはレチノール、ビタミンC誘導体などを含む化粧品です(P111)」

エイジングケアにはビタミンC誘導体化粧水

「肌の老化を予防するために、ビタミンC誘導体化粧水をつかいましょう(P106)」と吉木伸子医師はかいています。本では化粧水はいみないよーといいつつも、ビタミンC誘導体の化粧水ならOKという意見です。だからクリームを先につけちゃうとお肌にはいらない。だからビタミンC誘導体がはいった化粧水を皮膚科医の吉木先生はオススメしているんですね。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方

リン酸のビタミンC誘導体を

成分表示に下記の表示がある化粧水がおすすめだと書いてありました。これらはビタミンC誘導体のこと。
●リン酸アスコルビルMg(マグネシウム)
●アスコルビン酸リン酸Na(ナトリウム)
●パルミチン酸アスコルビルリン酸Na(ナトリウム)

他に余分な成分がはいっていないものを選ぶ

“ビタミンC誘導体は不安定な成分。だからフツール酸や美白成分などははいっていないほうがよい。化粧水はお肌にまんべんなく手でつける。体にもつけるとよい。顔に化粧水をつけた後につっぱることもあるが、そのあとで保湿美容液をつければ問題ない。”

私 おすすめビタミンC誘導体化粧水はこちら♪
ビタミンC誘導体=パルミチン酸アスコルビルリン酸Na(ナトリウム)パウダー配合
>>高浸透型ビタミンC誘導体化粧水エンリッチローション 高浸透型ビタミンC誘導体化粧水エンリッチローション

サイクルプラス 100倍ビタミンC誘導体化粧水

レチノールもエイジングケアに有効

著書でビタミンC誘導体とおなじくおすすめされているのがレチノールをふくんだ化粧水。著書によれば、レチノールもコラーゲンを増やすのに有効とのこと。コラーゲンがふえる=肌の弾力アップ=シワがめだたなくなるということですよね。

管理人蓮花40が調べたところ、レチノールは油性なので化粧水に配合しているコスメほとんどありませんでした。レチノールは油分をふくんだ年齢肌専用クリームなどにはいっていることが多い成分。乳化した白クリームタイプの美容液に配合されていることの多いレチノール。化粧水のあとにつけるとばっちりですね。
QuSomeレチノA ビーグレン美容液 (8)
>>おすすめ!最新レチノール配合美容クリームはこちら

おすすめ・保湿美容液の選び方

ここから先は、皮膚科医・吉木先生おすすめの保湿美容液のまとめです。

“効果のあるセラミド化粧品の見分け方
・成分表示で「セラミド2」「セラミド3」とかいてあるものがベスト。次にいいのは「セラミド6」「セラミド10」
・セラミド化粧品は、美容液(透明ではなく白色)かクリームをえらぶ。”
ナールスユニバ 指にとる

>>ベスト成分「セラミド2」配合の白色美容クリーム使用レビューはこちら

“・40代まではまだ油の分泌があるので美容液タイプがおすすめ。(クリームタイプはより乾燥した年代むけ)
・朝つけたら夕方まで、1日中つっぱらないものがいい。
・セラミド美容液は高い。なのでコストを抑えたい場合はヒアルロン酸美容液をチョイス(ききめはセラミド配合がベスト)。
・成分ききめでいうと「セラミド→ヒアルロン酸→コラーゲン→エラスチン」と弱くなる。”

お肌タイプ別エイジングケアのやり方

管理人は普通肌タイプでした(*^_^*)

乾燥肌

“朝おきたらホホがかさついている人
マストアイテム…乾燥肌用の洗顔石鹸、セラミド配合の保湿美容液
エイジングケア方法…洗顔は泡立てやさしく洗う。保湿美容液は顔全体につける。乾燥がひどい部分には重ねづけ。美容液はすりこまない。目元口元が粉をふくほど乾燥しているならクリームを。”

普通肌

 
“朝おきたらTゾーンが少しべたついてホホはしっとりしている人
マストアイテム…普通レベルの洗顔石鹸。セラミド OR ヒアルロン酸配合の保湿美容液。
エイジングケア方法…洗顔は泡立ててしっかり洗う。Tゾーンがべたつくならそこだけ2回洗い。美容液はホホを中心につける。乾燥がきになる部分には2度づけ。”

オイリー肌

“洗顔後10分で顔がてかってくる人。
マストアイテム…しっかり洗浄力のある洗顔石けん。セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン配合の美容液で油が少ないもの。
エイジングケア方法…石けんで皮脂をしっかり落とす。何回でも洗う。美容液はうすくのばし、額にはほとんどつけないように。”

+ + +
しってることと、しらなかったこと、両方かいていある本でした。特に保湿美容液についてはしらなかったのでよかった。ほかにも紹介しきれない美容理論がありましたよ。
今回の本はこちら★

追記:

皮膚科医・吉木伸子 あさイチ 毛穴 セラミド

調べていたらNHK番組あさイチでも吉木伸子医師が出演して「40歳からの毛穴のたるみにはセラミドがいい」と話していました。本にかいてあることとほぼ同じなのですが番組のポイントをまとめると、
●毛穴がひろがるのは皮脂のせい。洗顔で皮脂はしっかりとる。
●洗顔のあとはセラミド配合の美容液がおすすめ
●市販の鼻パックで角栓をとるのは週1~2回まで。それ以上だと逆に毛穴がひろがる。

吉木伸子先生の年齢は非公開のようですね。
ただ公式プロフィールには「平成5年 横浜市立大学医学部卒業」とありました。ストレートで卒業されていたら47歳。つまり、2016年現在だと47~50歳くらいではないでしょうか?

当ブログは40代向けコスメを紹介していますが、50代になったらうるおいケアとしてセラミド入り化粧品がもっと必要になってくるきがしています。

さあ、美人肌になりましょ☆(ゝω・)v

アルマードキャンペーン中♪

▼詳しくはコチラをクリック♪
卵殻膜コスメ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑